東国原英夫 小池知事の感染防止ステッカー巡る発言に「ちょっと無責任 この一言はない」

[ 2020年8月14日 13:20 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(62)が14日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。東京都が新型コロナウイルスの感染予防対策で大々的に発表した「感染防止徹底宣言ステッカー」を巡る小池百合子都知事の発言に苦言を呈した。

 番組では、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示した店で江戸川区のフィリピンパブでクラスターが発生したことについて特集。小池都知事は13日の会見で、これまで「訪れる店の目安にしてほしい」と都民にアピールしてきたが、この日は「対策せず貼る業者がいないとは限らない」と述べたことを取り上げた。

 小池都知事のコメントに、東国原は「ちょっと無責任ですね」とバッサリ。「これがやっぱり要請ベースの限界でしょうね。お願いだから、完成防止対策をしっかりやってくださいね!以上に言えない。それしか言いようがないのに、この一言はないと思います」と指摘した。

 「1割2割は感染防止対策をおろそかにする店はありますよ。それは全部はチェックをできない。今、新宿とか池袋では抜き打ちとか保健所とか警察が入ってやっているらしいけど、あくまでも一部」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月14日のニュース