柄本時生、兄・柄本佑とのケンカは生涯1度 “やり方”分からず「何だよ?」の応酬

[ 2020年7月26日 22:39 ]

俳優の柄本時生
Photo By スポニチ

 俳優、柄本時生(30)が26日放送の日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜後10・00)にゲスト出演。兄で俳優、柄本佑(33)との生涯唯一のケンカについて語った。

 3歳上との兄とは幼い頃から仲が良く、自身を「ブラコン」と表現するほど。「小さい頃からずっとついて回っていて。それで逆らうってこともなかった」と打ち明けた。その後、「あ!」と思い出したような表情を浮かべた柄本は、「20歳くらいで1度だけあったんですよ。1度だけ大ゲンカがあって」と話した。

 2人ともケンカとは無縁だったため、「人をこうした(殴った)ことがない人間同士だから『何だよ?』としかいい合わないケンカ」だった。衝突のきっかけを問われると、「お皿を洗う洗わないで」とささいなことだったと明かし、「それで僕が『何だよ?』って立ち上がったら兄ちゃんがビックリして『何だよ?』って。お互い『何だよ?』って」と、当時の様子を振り返った。

 スタジオが笑いに包まれる中、レギュラー出演する藤木直人(48)は「ケンカしないって言ったのにそんなささいなことで…」と冷静なツッコミ。苦笑いした柄本は「本当に(ケンカは)それしかなくて」とし、「最近兄ちゃんがカッコイイって言われているんですよ。やった!」と声を大にして喜んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月26日のニュース