×

トニトニ「笑顔」で背中押す!ミスチル櫻井提供チャリティー曲、22日先行配信

[ 2020年6月16日 04:00 ]

「smile」のジャケット写真
Photo By 提供写真

 ジャニーズ事務所のタレント15組75人による期間限定ユニット「Twenty★Twenty」のチャリティーソング「smile」のCD発売日が8月12日に決定した。今月22日から先行配信する。

 楽曲はMr.Childrenの櫻井和寿(50)が作詞作曲。バラード調で、落ち込んだ人を勇気づける曲に仕上がった。♪君の笑顔に逢(あ)える それだけで生きていける僕がいる~、という力強いメッセージが込められている。

 ユニットはジャニーズ事務所が行う「Smile Up! Project」の活動の一環で企画され、収益金はチャリティー活動に充てられる。1997年にも、阪神大震災の被災者支援でユニット「J―FRIENDS」を結成し、収益の9億円超を寄付した。新型コロナウイルス関連でも防護服の配布など医療従事者への支援を行っている。

 収録では、マイクを消毒するなどコロナ感染予防を徹底した。レコーディングに参加したタレントには、櫻井から楽曲に込めた思いを記した手紙が届けられた。レコーディングを終えたV6は「櫻井さんと我々の思いを胸にこれからたくさんの方々に“smile”をお届けしていきます」と力を込め、嵐は「櫻井さんが織りなす、心温まるメロディー。そして、今に寄り添ったメッセージを感じながら大切に歌わせていただきました」と述べた。

 NEWSの手越祐也(32)は緊急事態宣言下での度重なる外出により無期限活動休止処分となり、今企画には不参加。残りのメンバー3人は「果たしてこのような歌声でよかったのか。悩みながらスタジオを後にしたとき、少しだけ足取りが軽くなっていることに気付き、自然と笑みがこぼれました」と楽曲が持つ力を語った。

 V6も「レコーディングが終わり、自然と笑みがあふれた」。コロナ禍で暗いニュースに包まれた世の中に笑顔の輪を広げる一曲となりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年6月16日のニュース