東国原英夫 「秋元司さんの捜査だとか、桜を見る会だとか、そういったものがどう展開するのか注目」

[ 2020年5月21日 15:25 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元宮崎県知事で衆院議員も務めたタレントの東国原英夫(62)が21日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。新型コロナウイルス感染拡大で全国に緊急事態宣言が発令されていた5月上旬に、東京高検の黒川弘務検事長(63)が新聞記者らと賭け麻雀をした疑いがあると21日発売の「週刊文春」が報じたことについて言及した。

 東国原は、黒川氏の今後について触れ、「安倍内閣は支持率を見ながら政策を打っているきらいがありますから、今回はやっぱり黒川検事長に対しては厳しい処分をすると思いますよ。それは支持率の回復に向かいますからね」と指摘。その上で「厳しい処分をすると思いますが、後任を誰にするか、あるいは黒川さんが辞めたことによって検察のこれからの例えば(カジノを含む統合型リゾート施設に絡む汚職事件で起訴された衆院議員の)秋元司さんの捜査だとか、桜を見る会だとか、そういったものがどう展開するのか、これは非常に注目ですよね」と話した。

 週刊文春は、黒川氏が今月1日と13日、東京都内の産経新聞記者宅で、住人の記者や同僚記者、朝日新聞の元検察担当記者の計4人で賭け麻雀をした疑いがあると報じた。

 朝日新聞社は50代の男性社員が参加していたことを認め「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられた状況下でもあり、極めて不適切な行為だ。金銭を賭けていたかどうかは調査中」と談話を出した。産経新聞社広報部は「取材過程で不適切な行為があった場合には、取材源秘匿の原則を守りつつ、社内規定にのっとって適切に対処する」とのコメントを出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月21日のニュース