AKB柏木由紀の“超現実的”目標設定 要求を「ほんの少しだけ超えたい」

[ 2020年5月21日 18:55 ]

AKB48の柏木由紀
Photo By スポニチ

 AKB48柏木由紀(28)が20日、ブログサービスnoteを更新し、仕事や目標についての考えをつづった。

 国民的アイドルの一員として、数々の大きなステージに立ってきたが、考えのベースになっているのは現実主義。「私は、昔から大きな目標を立てないタイプでした。これを成し遂げたい!絶対にこれを達成するぞ!といったようなことを、ほとんど考えることがありません」と打ち明けた。

 仕事のモチベーションについての考えも披露した。「私が何を目標に、何をモチベーションにしてきたかというと、、与えてもらったお仕事や役割を全うする。という考え。あとは、大失敗をできるだけしない、とか期待されていること、求められているであろうラインをほんの少しだけ超えたい、だとか」。現実的な目標をコツコツと達成していくことで、失敗による心の落ち込みを回避しているそうで、「この考えをもとに生きていると、理想と現実のギャップに落ち込んだり、目標を達成できない、という状況に陥ることがないのです」とした。

 こうした考えについて、柏木は「あくまでも、わたしは、という話ですよ!落ち込まないための自己防衛です」と、持論であることを強調。「失敗して成長するタイプの人や、落ち込んだことをバネにそのあとぐーんと伸びるタイプの人ももちろんいらっしゃると思います」ともつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月21日のニュース