吉川友 暇つぶしの種数えツイートになぜか英メディアも反応

[ 2020年4月12日 17:06 ]

吉川友
Photo By スポニチ

 女優で歌手の吉川友(27)が12日、インターネット放送AbemaTV「ABEMA的ニュースショー」(日曜正午)に出演し、果実や野菜の種や粒の数を数えるという究極の暇つぶし法を解説した。

 吉川は自身のツイッターで、イチゴや納豆、パパイヤ、トウモロコシなど、果実や野菜などを解体してその種や粒を並べて数えるという、独特すぎる時間つぶしを紹介している。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令される中、自宅待機で暇をもてあました末の謎行動にも思えるが、英デーリー・メール紙(電子版)が「日本の女優が外出自粛の中、暇つぶしに果物や野菜を解体」の見出しで記事を掲載するなど、注目度は世界に及んでいる。

 同番組からオンライン取材を受けた吉川は「つまようじで1粒1粒取って、ここ(指の上)に最後、並べてピャッピャッとする(払い落とす)までがすごく好き」と、粒数えの魅力を解説した。中でも苦労したのはキウイで、「種がちょっとなくなってきたら、包丁でちょっと切ってやったりしています」と、難しい種の取り出し法を振り返った。すべて取り出すのに、1時間弱かかったという。

 最後は番組の司会を務めた千原ジュニア(46)にも「ぜひやってみて下さい」とPRした。「ツイッターとかインスタグラムで『なんとかリレー』ってあるじゃないですか?あれ、次、ジュニアさんに『粒リレー』回しますので、ぜひやってみて下さい」とアピールすると、ジュニアも「じゃあ『ぷっちょ』でやってみます」と応じていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月12日のニュース