「報ステ」富川悠太アナ、コロナ感染…テレ朝アナウンス室に拡大か、徳永アナも出演見合わせへ

[ 2020年4月12日 05:30 ]

テレビ朝日・富川悠太アナウンサー(テレビ朝日HPから)

 テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスターを務める同局の富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスの感染検査で陽性と確認されたことが11日、分かった。テレビ界では先月末にタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナによる肺炎で他界するなど、感染が拡大。報道番組でも初めて感染者が出た衝撃は大きく、今後の放送態勢に影響が出るのは必至だ。

 富川アナに異変があったのは今月7日。政府が緊急事態宣言を発令した日で、番組途中から明らかなかすれ声になり、苦しそうな表情も見せた。終了後には視聴者から心配する声が上がるほどだった。しかし、その後も9日まで通常通り出演していた。

 スポニチ本紙の取材では、感染を調べるPCR検査を受け、11日に陽性と確認された。感染経路は分かっていないという。報道番組に携わっていることもあって本人に公表する意志があり、テレ朝はきょう12日に発表する方向で調整している。

 これを受け、富川アナは週明けの13日から番組出演を見合わせ。さらにコンビを組むフリーの徳永有美アナ(44)も濃厚接触の疑いがあるため、同日から欠席する予定。そのため、金曜日を担当する同局の小木逸平アナ(45)とフィールドリポーターの森葉子アナ(33)がピンチヒッターを務める方向。また、共演する森川夕貴アナ(26)はすでに10日から番組を休んでいる。

 報ステは新型コロナ騒動でその報道内容が注目され、2月27日放送で平均視聴率が20%の大台を突破。現在も同様の数字を維持し、富川アナはその立役者の一人でもあった。

 日本を代表する報道番組のメインキャスターが感染した衝撃は計り知れない。各局の報道番組では出演者がスタジオ内で距離を取って座るほか、出演者を別の場所から中継出演させるなどの対策を取ってきた。報ステでも、富川アナと徳永アナが2メートル以上の間隔を空けて出演していた。ただ「放送中はマスクを着けることができないし、打ち合わせで徳永アナやスタッフと接する機会がある」(関係者)のが実情。実際、幹部スタッフで体調不良を訴えている人が出ている。また、テレ朝のアナウンス部内で濃厚接触者がいる可能性は十分あり、ほかの番組にも影響が広がりそうだ。

 テレビ界では、3月29日に志村けんさんが新型コロナによる肺炎で他界し大きな衝撃が走った。さらにバラエティーの一線で活躍する「森三中」黒沢かずこ(41)も今月3日に感染が判明し、テレビ各局は感染防止対策を一層強化した。今月9日には、毎日放送(大阪市)の東京制作局を管轄する岡田公伸取締役(享年60)が感染判明からわずか2日後に急逝。感染拡大が続く中で、報道番組は「使命」として放送を続けている。富川アナの感染は今後、どのような報道態勢で続けていけばいいのか、極めて難しい問題を突きつけている。

 ◆富川 悠太(とみかわ・ゆうた)1976年(昭51)9月3日生まれ、名古屋市出身の43歳。横浜国大卒業後、99年にテレビ朝日入社。04年4月から「報道ステーション」の現場キャスターとして取材を重ねた。都国立高時代は野球部でショートを守った。06年に結婚、2男の父。1メートル75。血液型A。

 ▼報道ステーション 1985年10月「ニュースステーション」としてメインキャスターに久米宏氏を起用してスタート。当時としては前例のない午後10時のニュース番組で、視聴率は1桁台だったが、86年にフィリピンで起きた革命以後、20%前後を記録する人気番組に。久米氏の降板に伴い、メインを古舘伊知郎氏に交代し、04年4月に番組名を変更。富川アナは16年4月に古舘氏からバトンを受け2代目メインキャスターとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月12日のニュース