広島・長野久義 「じゅん散歩」で“夫婦共演” 妻・下平アナ「お世話になります」

[ 2020年3月16日 11:39 ]

広島の長野
Photo By スポニチ

 プロ野球・広島の長野久義外野手(35)が16日放送のテレビ朝日「じゅん散歩」(月~金曜前9・55)に出演。妻で同局の下平さやかアナウンサー(47)との“夫婦共演”を果たした。

 「大物のゲストがいらっしゃるということで…ここで待ち合わせしてるんですけど…」と話す散歩人の高田純次(73)らの前に、白のリムジンに乗って登場した長野。高田の「いきなり笑わせてくれるじゃないですか!」とのツッコミに、長野は「すみません」と照れくさそうに笑った。

 高田は「この番組に、ナレーションで下平さやかさんという美しい女性がいるんですけど、ご存知ですか?」とボケをかますと、長野は「はい、知ってます…」と真面目に返答。社会人時代から親交がある、同局の角沢照治アナウンサー(49)を助っ人に、散歩に参加した。

 これを受け、下平アナはナレーションで「じゅんちゃん、今日はお世話になります」と妻としてごあいさつ。「私から夫を紹介するのも何なので…角沢先輩、お願いします」と先輩にバトンを預けた。角沢アナによる長野の紹介VTRに、下平アナは「先輩、恐縮です」と受けた。

 その後は3人で東京駅界隈を散歩。高田からスニーカーをプレゼントする展開に「ええ~いいんですか?」と下平アナ。白のスニーカーを購入し、高田は「今日はくつの代金、私が出しますから、夜の銀座の方電話入れときますんで、お願いします」とニヤリ。これには、下平アナも「あのー、銀座に連れて行くのはシーズンが終わってからにしてくださいね」とお願いしていた。長野は20日にも同番組に出演するという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2020年3月16日のニュース