マツコ、東京五輪は2028年に延期?「パリの次とか…」無観客には否定的「絵としてなくない?」

[ 2020年3月16日 17:40 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が16日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が危ぶまれている今夏の東京五輪について2024年パリ五輪の次まで延期する案を選択肢に挙げる場面があった。

 プロ野球開幕延期、高校野球選抜大会中止などスポーツイベントに影響が出る中、延期論や中止論が出ている東京五輪開催について番組で取り上げた際に言及。東京五輪に関連した雇用の問題や、来年に延期では莫大な放映権料を払っている米国の大きなスポーツイベントと重なり都合がつかないなど様々な条件を加味した上で「2年後はアメリカはオッケーかもしれないけど、ワールドカップなのよ」と2022年開催のサッカーW杯カタール大会について触れた。

 そして、世界的には五輪種目よりサッカーを重視する国もあるため、サッカーW杯と五輪が重なった場合はサッカーを取る国が出て来る可能性も指摘したマツコ。その上で「一番いいのは…」と話し出すと「選手にはかわいそうだけど」と付け加えた上で「パリの次とかぐらいでも…」と2024年パリ五輪の次の五輪開催地を東京にする案を挙げた。

 さらに「慌ててやって、1年後、2年後に何もかもが清算されてるか分からないじゃない」と新型コロナの終息がいつになるか不透明な状況にも触れたマツコ。番組MCのふかわりょう(45)から無観客での開催について聞かれると「いや、無観客はないっしょー!」と大きな声をあげ「(観客を)いっぱい入れたからって採算が取れるイベントでもないけど、絵としてなくない?オリンピックに観客がいないって…」と首をかしげていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月16日のニュース