みのもんた「勇退」も“夜の街”は現役続行!充電後の“みの節”復活に期待

[ 2020年1月31日 23:53 ]

みのもんた
Photo By スポニチ

 みのもんた(75)が07年から司会を務めていた日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」(木曜後9・00)を3月いっぱいで「勇退する」と制作する読売テレビが発表した。4月からは、爆笑問題の田中裕二(55)が新司会となり、久本雅美(61)とタッグを組む。

 読売テレビは「ご本人の御意向もあり、後進に道を譲られ、ご勇退されることになりました」と説明した。

 ただ、テレビ関係者によると、みのを交代させる番組リニューアル案は「かなり前から出ていた」という。関係者は「みのさんもその話は知っていたようで結果的には勇退という形になりましたが、寂しそうにも見えました」と話している。

 12年半、番組の看板としてMCを務めてきたみの。これで残っていたレギュラー番組はゼロになった。

 本人は周囲に「夜の街は引退しませんよ」と銀座通いの続行を宣言している。日本テレビ「午後は○○おもいッきりテレビ」、TBS「みのもんたの朝ズバッ!」などで一時代を築き、しゃべりのプロとして誰もが認める日本一の司会者として君臨した。夜の街で充電してまた元気なみの節の復活を待ちたい。(記者コラム)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月31日のニュース