正月三が日のCM出演本数1位はももクロ、2位にはムロツヨシが大躍進

[ 2020年1月6日 19:14 ]

ムロツヨシ(左)とももいろクローバーZ
Photo By スポニチ

 ビデオリサーチは6日、1月1日から3日の間に関東地区で放送されたテレビCMのタレント別の合計出演本数ランキングを発表、306本に出演したももいろクローバーZが1位に輝いた。2位は304本のムロツヨシ(43)、3位には231本の斎藤工(38)、4位に225本の米倉涼子(44)、5位に171本の遠藤憲一 (58)が続いている。

 昨年1位の広瀬すずは115本で14位、2位だった草刈正雄は155本で9位、ももいろクローバーZは、昨年は3位だった。ムロツヨシは前年同時期でトップ20圏外となっており、今年の年始では大躍進となった。また、バスケットボールNBAウィザーズの八村塁(21)もソフトバンクなどのCMで104本に出演しており、スポーツ選手で唯一のトップ20入りとなり、19位に入っている。

 正月三が日にオンエアされたCM本数は625社で1万1572本。企業別では前年4位の興和が507本で1位に、ダイハツ工業が342本で2位、スズキが302本で3位、4位に220本の本田技研と自動車メーカーが上位にランキングする結果となっている。商品、サービス別では昨年と同じく1位がコナミホールディングスが206本、2位が東建コーポレーションの195本で、3位以下を大きく引き離す結果となった。

 ももいろクローバーZとムロツヨシは「スズキ スイフト」「スズキ クロスビー」などのCMに出演しており、上位に入った。斎藤工、米倉涼子は「コーワ キューピーコーワαドリンク」などのCMに出演している。

 調査は関東5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)の1月1日午前0時から4日午前0時までのオンエアCMが対象で、速報値。また、番組宣伝やテレビ局のPRは除いている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月6日のニュース