バカリズム ピン芸人の勧め「今、コンビでやっている人たち、バカなんじゃないの」

[ 2019年9月8日 11:20 ]

バカリズム
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのバカリズム(43)が8日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、お笑い界に向けて「今、コンビでやっている人たち、バカなんじゃないの」と述べ、ピン芸人を勧める一幕があった。

 番組では、関ジャニ∞から錦戸亮(34)が脱退し、ジャニーズ事務所の退所を発表したことについて特集。ソロで再出発する錦戸に、バカリズムは理解を示しながら、「僕ももともとコンビだったんですけど30(歳)でピンになったんすよ。なんかワクワクしたんです」と振り返った。

 コンビ解消当時は「仕事、ゼロになったんですけど、なんか新しいこと始めるっていう方が大きくて。始めてみたら絶対ピンの方がいいと思いました」と力説。「だから今、コンビでやっている人たち、バカなんじゃないのって。絶対ピンの方がいいんだって」と力を込めた。

 具体的な理由こそ説明しなかったが、これにはMCでダウンタウンの松本人志(55)が「それでうまくいけば一番いいよな」とぼそり。

 東野幸治(52)は、「前から聞きたかったんだけど」と前置きし、「松本さん、基本的にダウンタウンで仕事しているじゃないですか。で、『ワイドナショー』なんかピンで出てくるじゃないですか。ボケたりする時は浜田さんだったら、こう突っ込むけれど、それがない時にどうなのか。それが嫌なのか。それとも新鮮なのか?」と質問。松本は、「浜田とやる時は、最近は浜田用に緩めのボケをしているんで。ストレート投げて捕れない時あるからさ。金網ガッシャーンみたいな」とボケて笑いを誘った。

 バカリズムは、日本映画学校在学のコンビで1995年に結成。2005年に1人が芸能界から離れてコンビ解消となり、以降はピン芸人として活動している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月8日のニュース