渡辺三段&石川三段 プロ入り決定 奨励会三段リーグ

[ 2019年9月8日 05:30 ]

将棋のプロ養成機関、奨励会三段リーグで10月1日付でのプロ入りを決めた渡辺和史三段(右)と石川優太三段
Photo By スポニチ

 将棋のプロ養成機関、奨励会三段リーグの最終日対局が7日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、突破が確定していた渡辺和史三段(24)に加え、石川優太三段(24)が10月1日付でのプロ入りを決めた。

 最終局の勝利で現制度最多タイの16勝(2敗)を挙げた渡辺三段は「自分の実力からすると出来過ぎ」と控えめに喜んだ。前期は最終日の連敗でプロ入りを逃していた石川三段は、敗戦後の最終局を勝利で飾り「同じことを繰り返すのかと不安だった。ホッとしている」と胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月8日のニュース