浜ちゃんが明かす“始球式ドッキリ”舞台裏 「腹立つわ」幻の1球も…マウンドは「気持ちよかった」

[ 2019年7月14日 21:08 ]

「ダウンタウン」浜田雅功
Photo By スポニチ

 ダウンタウン浜田雅功(56)が14日放送のMCを務めるフジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)で、人生初となる始球式で「まんまとハメられた」ドッキリの舞台裏を明かした。

 ドッキリの舞台は6月4日の「楽天―巨人」戦(楽天生命パーク)だった。浜田と楽天・石井一久GM(45)は旧知の間柄。石井GMが現役引退後、吉本の契約社員として採用された経緯もあり、先輩・浜田がこの日、「あいつ、ちゃんと仕事してんのか」と仙台を表敬訪問した。

 すると、球場で出迎えた石井GMが浜田を「一日GM付き広報」に任命、最初の重大任務を告げた。

 「始球式に登板する予定だった男の子が風邪で来られなくなったので代理で…」と石井GMが切り出すと、浜田は「おう、150キロで投げるで」と快諾。ブルペンで投球練習を始め、「うわーと言わせたるからな」と上機嫌だった。

 だが、これ、石井GMが仕掛けたドッキリだった。球場に詰めかけた観客には、事前に電光掲示板を使ってドッキリ企画を説明済み。ひとり、浜田だけがそのことを知らなかった。

 背番号「8」のユニホーム姿で現れた浜田は、球場に鳴り響く大声援に気をよくして「オーッ」と右手を挙げてアピール。そしてマウンドで投球準備に入ったそのときだった。突然、病欠のはずだった少年が登場した。

 「ボールちょうだい」
 おねだりする少年に浜田は「ムリムリ、オレ投げるもん」といったんは拒否したが、少年が再度、「ボールちょうだい」と言うと、浜田はしぶしぶボールを少年に渡した。この顛末に観客から「優しい」との声が聞かれた。

 少年が山なりのボールを投げ終えたあと、一緒にマウンドを降りた浜田。その後、ドッキリを知らされると、「石井!」とGMをド突き、「腹立つわ、今のはないわ」と恨み節を口にしたが、マウンドに一瞬立ったときは「めっちゃ気持ちよかった」と振り返った。

 ボールをおねだりし、ドッキリを見事「大成功」させた少年は、坊主頭の、ちょっぴりぽっちゃり体型、憎めないタイプだった。浜田はスタジオで「あの子がいいキャラだったから」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月14日のニュース