前園真聖氏 謹慎生活を“解説”「最初の1カ月は全く外に出なくて…夜遅い時間に」

[ 2019年6月30日 14:51 ]

前園真聖氏
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表の前園真聖氏(45)が30日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)や「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら吉本興業などに所属するお笑い芸人が反社会的勢力に「闇営業」を行い、謹慎処分を受けたことに言及した。

 番組ではこの日出演したタレントの中居正広(46)が「謹慎中の生活、ずっと追われると思う。1カ月でも2カ月でも半年でも、ご飯も食べに行けないですし、外歩いて笑ってるわけにもいかないですし、謹慎って何をすればいいんだろう。家の中から出られないんですか」などと質問。13年に飲酒による暴行事件を起こし、謹慎している前園氏は、自身の謹慎期間は3カ月余りだと言い「最初の1カ月は全く外に出なくて、その後に友だちが“そろそろ”って外に誘ってくれるんですけど、逆に会うと迷惑かけると思ってなかなか出られなくて」と説明。ただ、家の中にいるとストレスが溜まるといい「夜遅い時間にランニングしたりとか体を動かしたりしてました」と明かした。

 さらに中居が「友だちに会うことは1、2カ月できなかったってことですか」と聞くと、「そうですね。会う時、逆に迷惑かけるんじゃないかなって気をつかってました、かなり」と答えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年6月30日のニュース