音楽ユニット「moumoon」Masaki 今秋以降はライブ自粛、創作活動に専念

[ 2019年5月17日 16:30 ]

音楽ユニット「moumoon」YUKA(左)とMasaki
Photo By 提供写真

 音楽ユニット「moumoon」が17日、公式サイトを更新。メンバーのMasakiが今秋開催予定の公演以降はライブ活動に参加せず、創作活動のみに専念すると発表した。

 「私、Masakiは2019年秋に開催を予定している「中秋の名月」公演以降、ライブやプロモーションへは参加せず、創作活動のみに専念致します。楽曲制作に集中してもっと良い音楽を作りたい。音楽をもっと学び、その他のクリエイティブなことにも挑戦したい。そんな気持ちがここ数年とても強くなりました」と理由を説明。

 メンバーのYUKAとは昨年から話し合いを続けていたとし「皆さんのことを考えると心苦しい決断ですが、これからの新しい形のmoumoonを応援してくださると嬉しいです。今後も引き続きmoumoonのメンハ゛ーとして、心を込めて楽曲制作の部分を担っていきたいと思います」とつづった。

 「moumoon」はボーカル、作詞、作曲を担当するYUKAとギターなどの楽器、作曲、編曲を担当するMASAKIの男女デュオ。05年に結成し、07年8月にミニアルバム「love me?」でメジャーデビュー。同12月にデビューシングル「Do you remember?」をリリースした。

 10年5月発売の7thシングル「Sunshine Girl」は資生堂「ANESSA」CMソングとして人気を集め、初のオリコンチャートトップ10入りを果たした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月17日のニュース