酒井藍 ファンに懇願 吉本新喜劇60周年本買ってギャラアップを「吉本に投書して」

[ 2019年3月30日 16:56 ]

吉本新喜劇の「60周年公式スペシャルブック」を(左から)すっちー、酒井藍
Photo By スポニチ

 吉本新喜劇座長のすっちー(47)、酒井藍(32)が30日、大阪市内で新喜劇の「60周年公式スペシャルブック~誰でもわかる、あほほど笑える100ページ~」の発売記念撮影会を行った。

 座長座談会や舞台の裏側、すっちーから人気キャラ、すち子に変わるまでの秘密に新喜劇の歴史をつづったハウツー本。表紙は4人の座長がポーズを取った通常版と、すっちーに酒井、小籔千豊(45)、川畑泰史(51)の4人がそれぞれ顔のアップで表紙を飾ったものが発売される。

 同書が劇的に売れても座員にはメリットが約束されていないらしく、すっちーは「吉本ですからね~。うっすらとでもギャラが上がってくれるとうれしいですけど…」と話すと、すかさず酒井が「買ってくれた皆さんが、吉本に(ギャラを上げろと)投書してください!」と懇願していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月30日のニュース