【海老蔵、勸玄くん会見2】勸玄くん堂々の姿に、海老蔵「ほっといてもいいのかな」

[ 2019年1月14日 12:29 ]

会見で報道陣からの質問に答える堀越勸玄くん(左)を見守る市川海老蔵(右)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が14日、東京・歌舞伎座で会見を開き、十三代目市川團十郎白猿(はくえん)を襲名することを発表した。同時に、長男の堀越勸玄(かんげん)くん(5)が八代目市川新之助を名乗り、初舞台を踏む。襲名披露興行、初舞台は来年2020年5月〜7月の東京・歌舞伎座を皮切りに全国各地で行われる。

 会見での一問一答は以下の通り

 ――勸玄くんは新之助になったら歌舞伎役者としてどんなことをしたい?

 勸玄「玉兎(たまうさぎ)。幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)」

 ――どのような團十郎になりたいか?

 海老蔵「とっても大きな名前ですから、各々日本の伝統文化に携わる方、また日本人として團十郎のイメージが皆さま多くあると思います。そのイメージも大事だと思ってそこを古典というものと向き合っていくと同時に、やはり初代市川團十郎ですとか二代目市川團十郎、もしくは七代目市川團十郎といったようにその時代に大きく影響を与えた、役者としてのみならず人として影響を与えた人物たちも團十郎家として出ているわけでございまして、そういった部分も意識して自分も古典に向き合って歌舞伎の道を歩んでいくとともに現代、新しい新年号になる年に襲名させていただくわけですので、時代に生きていることを多くの方々に感じていただけるような團十郎像を描いていきたいなと思ってます」

 ――新しい團十郎ということ?

 海老蔵「新しいというかまあ」

 ――勸玄くんの魅力は?

 海老蔵「今のごあいさつも皆さまの前でさせていただきましたけれど、こういう感じでしゃべりなさいよと話をして『えーできなーい』みたいなことをさっきまで言っているんですけど、いざ緞帳が上がりますと、堂々とやっている姿を見るとほっといてもいいのかなと。そういうところは感じたりします」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月14日のニュース