スーマラ田中 R―1予選1回戦に登場 第一声で「武智、しばいたろか〜」

[ 2019年1月4日 19:40 ]

「R−1ぐらんぷり2019」の予選1回戦に登場したスーパーマラドーナ・田中
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ・スーパーマラドーナの田中一彦(41)が4日、大阪市内で「R―1ぐらんぷり2019」の予選1回戦に登場。第一声で「武智、しばいたろか〜」と絶叫して、昨年12月の「M―1グランプリ2018」決勝後に、審査員・上沼恵美子(63)への暴言騒動を起こした相方・武智(40)を引き合いに出して、会場の爆笑をさらった。1回戦は楽々突破した。

 田中はNGK(なんばグランド花月)での出番後、一度自宅に戻り、自転車で会場に駆けつけた。演技前に「1人でも頑張らないとね?」との問いかけに「そうなんですよ」と明るく答えていた。14年以来5年ぶり5回目の参戦となった今回は、M―1決勝の審査の合間に舞台裏で「てってれ〜」と口にしながら一発ギャグを繰り返し、笑いを誘ったというネタ。「きょうは手応えなかった。緊張しました」と頭をかき「1回戦突破して嬉しかったなか。次のネタは考えてあります」と2回戦への備えはバッチリだ。暴言騒動は鎮静化へ。とんだとばっちりを食らった田中が、ピン芸人として自身初の準々決勝進出を目指す。

 田中は昨年12月30日放送のテレビ朝日系「アメトーーク」の年末5時間スペシャルで、MCの宮迫博之(48)から「お前、今、どう思ってんの?」と聞かれて「僕ですか?まあ、自業自得というかね」と返答し、笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月4日のニュース