ダンプ松本 盟友・長与のけんか仲裁に「千種らしいよ!」

[ 2018年11月19日 17:57 ]

長与千種(左)とダンプ松本
Photo By スポニチ

 女子プロレスラーでタレントのダンプ松本(57)が19日、自身のブログを更新。けんかの仲裁に入った際に暴行を受けた長与千種(53)を「怪我は大丈夫かな」と心配した。

 ダンプは、長与とプロ入り同期でライバルの関係だった。長与がけんかの仲裁に入り、自らは手を出さなかったことを「千種らしいよ!!」と称賛。「ダンプにもビビットから取材がきたよー」とテレビ取材を受けたことを明かし、続けて「怪我は大丈夫かな〜?お大事にね」と長与の体調を心配した。

 なお、長与は同日に帰京して羽田空港で報道陣に対応。負傷した左手小指について、札幌で治療を受けた際に靱帯が伸びている可能性を指摘されたといい、今後、都内であらためて診察を受けるとした。

 長与が暴行を受けたのは19日未明。道警などによると、午前3時10分ごろ、札幌市内の立体駐車場で、女性に乱暴を働いていた男を止めようとして暴行された。男は長与の髪を手でつかみ倒そうとした。北海道警札幌中央署はこの日、暴行の疑いで飲食店経営の男(27)を逮捕した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月19日のニュース