FANTASTICS、来月デビュー「新しい時代作っていけたら」

[ 2018年11月8日 18:54 ]

サンシャインシティの点灯式に出席したFANTASTICS
Photo By スポニチ

 初の単独ミニライブに1500人ダンス&ボーカルグループ「FANTASTICS」が8日、東京・サンシャインシティで行われたクリスマスツリー点灯式に出席した。

 16年12月に結成、昨年ボーカリスト2人を新たに加えたEXILE一族の新星が来月待望のメジャーデビューを果たす。デビュー前には武者修行と題し、全国各地で公演を行ってきた。リーダーの佐藤大樹は「武者修行は去年と今年、計2回やってどちらも違う課題があった。次の公演で課題をクリアできるように毎日繰り返していた修行。いまは財産になった」とチームの成長を実感した。昨年のボーカルオーディションで加入した八木勇征はメジャーデビュー前の心境を聞かれると「チャレンジする気持ちがすごく強い。デビューしてからも進化できるように頑張っていきたい」と意気込み、同じくボーカルの中島颯太も「すべてをデビューに向けて頑張ってきた。これからも新しい時代を作っていけたら」と飛躍を誓った。

 この日はサンシャインシティの入り口に配置された、ウェルカムツリーの点灯式に参加した。佐藤は「点灯式に出るのは夢の1つだった。FANTASTICSで出られてうれしい」と喜び。点灯式後にはミニライブが行われ、メジャーデビューなど2曲をパフォーマンス。デビュー前、初めての単独ライブとあって会場にはファン1500人が駆けつけ黄色い声援を送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月8日のニュース