宮崎あおい スリムな笑顔 第1子男児出産後初の公の場

[ 2018年10月26日 05:30 ]

ゲストとして駆けつけた宮崎あおい
Photo By スポニチ

 女優の宮崎あおい(32)が25日、都内で「東京ドラマアウォード2018」授賞式に出席した。主演のNHK「眩 北斎の娘」が単発ドラマ部門でグランプリを受賞し、ゲストで登壇。16日に夫でV6の岡田准一(37)との間に第1子となる男児が誕生したことを発表してから初の公の場で、産後とは思えないスラリとした姿を見せた。

 司会の石坂浩二(77)から「憧れの女性なんです」と絶賛され、宮崎は「気持ちが凄く伝わってきてとてもうれしい」と笑顔を見せた。

 連続ドラマ部門のグランプリはテレビ朝日「おっさんずラブ」。主演女優賞はTBS「アンナチュラル」の石原さとみ(31)、助演女優賞はTBS「陸王」の阿川佐和子(64)に決定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月26日のニュース