「私がやってることって…」多頭飼育で「落ち込んだ」森泉を救った知人の“金言”

[ 2018年10月20日 18:21 ]

モデルの森泉
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの森泉(36)が20日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。多くのペットと暮らすようになったきっかけや、飼育している上での心の変化について語った。

 芸能界きってのペット好きとして知られる森。現在は犬、鳥、カメや豚など18種類23頭の生き物を飼っている。多頭飼いのきっかけは、知人が行っている、ペットの保護や引き渡し先を探す活動に賛同したこと。「私も『できるなら手伝うよ』って」とスタートさせ、現在も飼育しながら1匹ずつ飼い主を探しているという。

 「最後まで看取られることのない動物もいっぱいいるので。たまに落ち込むんです。私がやっていることって、1000匹のうちの1匹なんだって」と無力感にさいなまれることもあるという。そんな時、知人に悩みを打ち明けたところ「目の前の1匹を救えれば十分。それの積み重ね」とアドバイスされ、気が楽に。「1匹から飼い主を探して、幸せになってもらって。あったかいところで、ご飯があって、愛情をもらったら幸せかなって思う」と、活動での思いを口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月20日のニュース