是枝監督に最優秀監督賞 トルコ・アンタルヤ映画祭

[ 2018年10月6日 06:22 ]

 トルコ南部アンタルヤで開かれた国際アンタルヤ映画祭で5日、「万引き家族」の是枝裕和監督(56)が最優秀監督賞に選ばれた。授賞式には主演のリリー・フランキーが出席し「国や言葉を超えて一つの映画が世界につながる」ことは「一番素晴らしい」と演説。それを実現した是枝監督を「誇りに思います」と語った。

 映画祭は今回で55回目で、トルコの主要映画祭の一つ。リリー・フランキーはこの日、映画上映の後で観客との質疑応答も行った。

 「万引き家族」は今年5月、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いた。おばあちゃんの年金を頼りに、子どもに万引をさせながら都会の片隅でひっそりと暮らす一家を描いた作品。9月15日に死去した樹木希林さんがおばあちゃんを演じた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月6日のニュース