滝沢カレン「洋服屋の声掛けいらない」 共演者の共感呼ぶ

[ 2018年10月4日 09:45 ]

モデルの滝沢カレン
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの滝沢カレン(26)が3日放送の日本テレビ「ナカイの窓」(水曜後11・59)に出演。洋服屋で買い物中に声を掛ける店員の気遣いは「いらない」と持論を語った。

 この日の番組では「断捨離の窓」と題して、出演者がそれぞれいらないと思う「もの」をプレゼン。滝沢は「洋服屋さんの声掛けはいらない」とし、「堂々と服を選びたい。途中で止められたくない。1つでもハンガーを手に取ると、ちょっとの動きで『何色がお好みですか』『何をお探しですか』って言われて…」と買い物に集中できないことを理由に挙げた。

 これに「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)は「長話される時もある」と同調。うなずいて話を聞いていた番組MCの中居正広(46)は「(声掛けが)なくならないってことは、喋りかけてほしい人の方が多いんじゃない」と推測した。結局、滝沢の提案は共感を呼び、出演者全員が「いらない」で意見が一致していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月4日のニュース