松たか子に「岩谷時子賞」、戸惑いも「賞にふさわしい自分に」

[ 2018年6月12日 05:30 ]

第9回「岩谷時子賞」授与式に出席した(前列左から)プレゼンターの市毛良枝、大地真央、松たか子、石井ふく子氏(後列左から)古川雄大、上野耕平、黒木雪音さん(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 音楽や芸術の発展・復興に寄与したアーティストを表彰する「第9回岩谷時子賞」の授賞式が11日、都内で行われ、女優で歌手の松たか子(41)が「岩谷時子賞」を受賞した。

 松は「なんで私なんだろう…」と戸惑いつつも、自ら作詞、作曲した昨年度のNHK連続テレビ小説「わろてんか」主題歌「明日はどこから」のヒットを念頭に、「昨年は音楽の仕事に恵まれ、充実した時間を過ごすことができました」と振り返った。さらに「この賞にふさわしい自分になれるよう見守ってください」と成長を誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月12日のニュース