カンニング竹山、芸能人のご祝儀相場語る「一般社会では基本3万だけど」

[ 2018年6月12日 21:32 ]

お笑いタレントのカンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(47)がAbemaTV「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(土曜深夜1・00)で、芸能人のご祝儀相場について語った。

 9日の放送回で共演者のスパローズ大和一孝(41)が最近知人の結婚式が続き“ご祝儀貧乏”になったと話題に出すと、竹山は「芸能界の祝儀って難しい。一般社会では3万円でいいんですよ。普通の相場でしょ。でも、芸能界である程度仕事するとさ、3万円じゃダメなのよ。基本は10(万円)です」と金額を明かした。

 「むちゃくちゃ仲良しの人でなくてもよ、芸能人の結婚式に呼ばれたら10万円。呼ばれたのは、ある程度は親しいということだから。仲良くなかったら呼ばれないからね。本当に仲がよい親友みたいな芸人仲間の場合は30万円とか。人によっては100万円出す人もいるよ。俺は100万円出したことないけど、そういう世界じゃん。基本は10万円。なんとなくの暗黙のルール」と芸能界特有の相場について説明した。

 ただ、芸能界で仕事をしていて祝儀で10万円を出す“芸能人としてのレベル”の線引きについては「いやあ、そこは難しいね。誰ぐらいからだろう」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月12日のニュース