PR:

ギリギリまで攻めた真木よう子「私もできるっていうプライドがあって、先生とバチバチやりあった」

 女優の真木よう子(35)が7日、大阪市内で映画「焼肉ドラゴン」(監督鄭義信、22日公開)の試写会で出演者による舞台あいさつを行った。

 関西地方の都市で時代の波に翻弄されながら強く、たくましく生きる家族を画いた作品で長女役を演じた。作品中で足を洗う色っぽいシーンがあるが「スカートを割とギリギリまで攻めました。R―18にならないように」と思わせぶりに見所シーンをPRした。

 一方、全編にわたる関西弁には苦労したことを告白。ただ、友人に関西人が多いこともあって「私もできるっていうプライドがあって、関西弁の先生とバチバチやりあった」と明かし、共演の井上真央(31)桜庭ななみ(25)らの目をギョッとさせた。

 それでも最後は客席に向かって「何、この映画めっちゃ面白いやん!って思ったら、関西から広めて欲しい」。さらに「きょうは来てくれておおきに。また、見てな!」と流ちょうな関西弁で締め、満足げな表情だった。

[ 2018年6月7日 21:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月15日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル