「ふたりっ子」岩崎ひろみ 第3子三女を出産「予定日通り」「やっと慣れて」

[ 2018年6月7日 20:59 ]

41歳で第3子を出産した岩崎ひろみ
Photo By スポニチ

 1996年後期のNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」のヒロインなどで知られる女優の岩崎ひろみ(41)が7日、第3子三女を出産した。自身のブログで発表した。

 「本日2時12分、3210gの女の子を出産しました。予定日通りに産まれてきてくれました。今回は娘ズも立会いたい!というので、初の助産院での出産」と報告。

 「3回目ともなると、私もやっと出産が慣れてきたたようで…自分に合った痛み逃しを見つけられたような気がします。なぜか立っている方が楽だったので、陣痛間隔3分の時も立って耐えてました。そのまま立ったまま破水。そこからは7〜8分でご対面というスムーズ安産でした!娘ズには臍帯を切るという大仕事があり、大活躍!」と安産の様子を明かした。

 「自分の年齢的なこともあり、妊娠のことなど報告をしておりませんでしたが…。本日無事に産むことができたので、報告させていただきました」とし「これからは3人娘の親として楽しんでいけるように頑張ります!」と決意を新たにしている。

 2007年に「劇団☆新感線」所属の俳優・吉田メタル(46)と結婚。同年11月に第1子女児、10年11月に第2子次女を出産した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年6月7日のニュース