三宅裕司ら演奏、歌う小林幸子 主宰舞台「船上の―」1日初日

[ 2018年6月1日 09:16 ]

新橋演舞場で開かれる熱海五郎一座の公演「船上のカナリアは陽気な不協和音」の公開ゲネプロを行った(左から)春風亭昇太、渡辺正行、ラサール石井、小林幸子、小倉久寛、三宅裕司、東貴博
Photo By スポニチ

 三宅裕司(67)が主宰する熱海五郎一座の新作舞台「船上のカナリアは陽気な不協和音」の公開稽古が31日、東京・新橋演舞場で行われた。

 今回は小林幸子(64)がゲスト出演。ドラムの三宅らビッグバンドの演奏をバックに歌う。一方、春風亭昇太(58)も歌唱場面があり「僕の後に小林幸子さんも歌うので、公開処刑みたいな感じ」とぼやいた。同所で1日から。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年6月1日のニュース