たけし、西城秀樹さんの死に沈痛「順番からいったら俺が先なのに」

[ 2018年5月17日 21:00 ]

自身がプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」デビュー展示イベントに出席した、ビートたけし
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのビートたけし(71)が17日、自身がプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」デビュー展示会イベントに出席。急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さんについてコメントした。

 たけしは「本当に分からないね、順番からいったら俺の方が先なのに」と年下である西城さんが先に帰らぬ人となってしまったことを嘆いた。

 西城さんは2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていたが、ステージに立ち続けた。その姿勢に対しては「それで食ってきたから、芸人は舞台で死ぬのが幸せっていうのがある」と自身と重ね合わせた。西城さんは4月25日に入院し、16日午後11時53分に亡くなった。訃報が伝えられたきょう、多くの著名人が故人を偲んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「市原悦子」特集記事

2018年5月17日のニュース