西城さん早すぎる…「寺内貫太郎一家」で父子役 小林亜星が悼む「全く世の中どうかしてる」

[ 2018年5月17日 17:38 ]

小林亜星
Photo By スポニチ

 急性心不全のため63歳で死去した歌手の西城秀樹さんの訃報を受け、ドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS)で共演した作曲家の小林亜星(85)がコメントを寄せた。

 「歌い手として素晴らしい人だった事は勿論ですが、彼はミュージシャンとしても特別な凄味を持ったトップアーティストだったと思います。

 ドラマ『寺内貫太郎一家』では親子でよく喧嘩しましたが、どうして外国にもたくさんファンがいる偉大なシンガーが隣のやさしいお兄ちゃんになってしまえるのか?

 今でもずっとナゾです!

こんな素晴らしい人が先に亡くなって僕みたいな奴が長生きしてるなんて全く世の中どうかしてる」

 74、75年にTBS系で放送された「寺内貫太郎一家」「寺内貫太郎一家2」では父子役で共演。小林が演じる頑固ですぐにちゃぶ台をひっくり返す父・寺内貫太郎と、西城さん演じる息子の周平との取っ組み合いのけんかシーンが話題となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月17日のニュース