広島市民 悲報に絶句「うそでしょ」「誇りだった」号外も配布

[ 2018年4月25日 05:30 ]

“鉄人”衣笠祥雄さん死去

連続試合出場の世界新記録達成を記念した衣笠祥雄氏の碑。帰宅途中の男性が手を合わせていた=24日夕、広島市
Photo By 共同

 広島市中心部のデパート「福屋」八丁堀本店前では、地元紙が悲報を伝える号外を配布。訪れた児玉紀美江さん(77)は「うそでしょ」と絶句。「おおらかな人柄がプレーにも出ていて、大好きな選手だった」と目を潤ませた。

 ファンにも動揺が広がった。球団の歴史を語り継ぐ市民団体「カープかたりべの会」代表の大下達也さん(56)は「昨季から解説の時の声がかすれて、しんどそうだった。一つの時代を築いた市民の誇りだった」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月25日のニュース