外国人初の女流棋士カロリーナ女流1級がカロリーメイトとコラボ「日本語的にはダジャレと…」

[ 2018年4月3日 16:34 ]

大塚製薬「カロリーメイト」と栄養スポンサー契約を結んだ将棋のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(中央)。右はゲストの遠山雄亮六段、左は大塚製薬担当者・仲尾綾さん
Photo By スポニチ

 将棋で外国人初の女流棋士、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級(26)が3日、都内で「カロリーメイト×カロリーナ・ステチェンスカ女流1級栄養スポンサー契約発表会」に出席した。

 昨年2月、正式に女流棋士となったカロリーナと大塚製薬の栄養補助食品「カロリーメイト」は、名前が縁でコラボが決定した。今後、ブロック、ゼリー両タイプの製品の提供や、管理栄養士による食事指導を受ける。特にゼリータイプが好きというカロリーナは、コラボについて「日本語的にはダジャレというんじゃじゃないですか」と笑わせながら「日本に来て最初に見たとき(名前が)似ているなと思ったけど、こんなすごいことになるとは読めなかった」と笑った。

 ポーランド出身のカロリーナは母国で将棋を始め、2013年に来日。3月に山梨学院大の大学院を修了し、都内で人生初という1人暮らしを始めたばかり。ゲストの遠山雄亮六段(38)、管理栄養士とのトークショーでは、対局日の食事が話題に上った。昼食としてカロリーナは以前はおにぎり2個、最近は冷たい天ぷらそばを食べることが多いと明かした。間食はほぼとらず、対局が長引くと集中力が落ちることもあるという。栄養士からビタミンやミネラルの補給を勧められたカロリーナは「女流1級から、次は初段に上がりたい。強くなるために力を借りて、カロリーナとカロリーメイトで一緒に頑張りたい」と流ちょうな日本語で語った。

 3月31日に放映が開始された同製品ゼリータイプのテレビCMでは、丸山忠久九段(47)が出演している。また、カロリーナの挑戦を描いたアニメーション動画「すすめ、カロリーナ。」が製作され、6月にウェブ上で公開されることも発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月3日のニュース