ビーグルクルー、ハム中田の新登場曲「My BROTHER」でメジャー再昇格

[ 2018年3月27日 09:00 ]

日本ハム・中田(中央)の登場曲を手掛ける「ビーグルクル―」のYASSとNARI(右)
Photo By スポニチ

 プロ野球選手の登場曲を多く手掛けている福岡出身の男性ボーカルデュオ「ビーグルクルー」が、日本ハムの中田翔内野手(28)の今季登場曲として書き下ろした「My BROTHER」で、9年ぶりにメジャーレーベルに返り咲く。

 ビーグルクルーはYASS、NARIの2人組。09年に一度メジャーデビューし、同年に2枚シングルを発表したがインディーズに転身。以降は各地でライブしたり、レコード会社にデモテープを売り込むなど、メジャー復帰を模索していた。

 球界での評判は、デビュー前の07年に福岡で路上ライブをしていた時にソフトバンク2軍の選手がCDを買ったのがきっかけ。中田のほかソフトバンク・松田宣浩内野手(34)やロッテ・涌井秀章投手(31)ら計14人の曲を手がけた。

 4年前に中田に提供し、昨季まで登場曲だった「My HERO」は、ユーチューブで380万回を超える再生数を記録した。

 「My BROTHER」は昨季の不振から再起を期す中田のために書かれた曲で、♪またはじめからはじめよう その先で笑い合おう――の歌詞が、再起を狙うデュオにはまったこともメジャー復帰を後押しした。

 YASSは昨年12月に福岡で行われた野球教室で中田にメジャー復帰を伝え、「すげえじゃん。よかったじゃん」と祝福を受けた。ぶっきらぼうな口調には、友の門出への喜びがにじんでいた。

 ビーグルクルーは、「結局自分ら次第。復帰しただけで何かが変わるわけではありませんが、中田選手の名に恥じぬよう頑張ります」と、復活の大ホームランを狙っている。CDは5月16日発売。6月30日には福岡・イムズホールでメジャー復帰ライブを行う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月27日のニュース