SW初期3部作フルオーケストラ11時間生演奏 7月から7都市14公演

[ 2018年3月27日 05:43 ]

映画「スター・ウォーズ」の上映に合わせてオーケストラが生演奏する「スター・ウォーズ in コンサート」。スクリーンは(左から)マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォード
Photo By 提供写真

 映画「スター・ウォーズ」の上映に合わせてフルオーケストラが生演奏する「スター・ウォーズ in コンサート」が開催されることになった。

 昨年10月に続く第2弾で、7月29日から9月1日まで7都市で計14公演。初日の東京オペラシティ公演では、77年の「新たなる希望」、80年の「帝国の逆襲」、83年の「ジェダイの帰還」の初期3部作を、約11時間かけ一挙に上演する世界初の試みが実施される。

 シネマコンサート界で人気のニコラス・バック氏が指揮、東京フィルハーモニー交響楽団が演奏。う27日から先行抽選の受け付けがスタートする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月27日のニュース