PR:

アカデミー賞主演男優賞はゲイリー・オールドマンが初受賞!W受賞の辻一弘氏にも感謝

第90回米アカデミー賞で主演男優賞に輝いたゲイリー・オールドマン。メーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝いた辻一弘氏と抱き合って喜ぶ(AP)
Photo By AP

 映画界最大の祭典、第90回米アカデミー賞の発表・授賞式が4日(日本時間5日)、米ロサンゼルス・ハリウッドのドルビー・シアターで開かれ、主演男優賞は「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(監督ジョー・ライト、日本公開30日)の英俳優ゲイリー・オールドマン(59)が初受賞した。英首相チャーチル役を演じたオールドマンの特殊メークを担当した辻一弘氏(48)がメーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝き、ダブル受賞となった。

 登壇したオールドマンは「この輝かしい賞を与えてくださったアカデミーに感謝します。これは本当に多くのことのおかげです。私はアメリカに長く住み、この国で培った愛と友情に感謝しています。家、暮らし、家族、そしてオスカーという素晴らしい贈り物をもらしました」と感謝のスピーチ。

 ジョー・ライト監督(45)に感謝を捧げる中、「カズ(辻氏)、素晴らしい技術をありがとう」と辻氏の名前も挙げ「ウィンストン・チャーチルに敬意を表したいと思います。素晴らしい旅の供となってくれました」と語った。

 辻氏はある映画でオールドマンの特殊メークを担当する予定だったが、オールドマンが降板して叶わず。後に辻氏の彫刻に感銘を受けたオールドマンは、辻氏のドキュメンタリー番組のナレーションを担当。今回もオールドマン自らが辻氏に「君がメークを担当してくれなきゃ役をやらない」とメール。熱烈オファーに、2012年に映画界を去り、芸術家に転身していた辻氏も断れなかった。

 とはいえ、オールドマンとチャーチルは「似ても似つかず難題だった」と辻氏。過去に多く手掛けたコメディー映画と違い、シリアスな内容。「少しでも違和感があると観客は物語に入り込めなくなる。ハードルは高かった」。約5カ月をかけて仕上げた力作は、オールドマンの素顔を忘れるほど、完璧な出来栄えとなった。

 辻氏は、この日のスピーチで「まず最初にゲイリー・オールドマンに感謝いたします。あなたと、この素晴らしい旅をできたことは本当に栄誉なことでした。あたななしには、私たちはここに立っていません。あなたは素晴らしい役者で、熱心なアーティストで、そして真の友人です」と直々に特殊メーク担当に指名してくれたオールドマンに謝意を表した。

[ 2018年3月5日 13:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月25日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル