藤井五段 牧野五段と対戦 棋王戦予選

[ 2018年2月8日 10:18 ]

棋王戦予選に臨む藤井聡太五段(左)
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太五段(15)は8日、関西将棋会館(大阪市福島区)での棋王戦予選に出場。牧野光則五段(29)の先手番で対局が午前10時にスタートした。持ち時間は4時間。

 藤井五段は昇段後初の対局となった5日の王将戦一次予選・南芳一九段(54)との対戦で、自身最長となる230手を要して劣勢を大逆転して五段として初勝利。同2回戦で師匠の杉本昌高志七段(49)と対戦も決まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年2月8日のニュース