NHK平昌五輪テーマ曲はセカオワ「サザンカ」に決定「そっと寄り添うことができたら」

[ 2018年1月5日 14:45 ]

SEKAI NO OWARI
Photo By 提供写真

 NHKは5日、2月9日に開幕する平昌五輪・パラリンピックの同局放送テーマソングが4人組バンド「SEKAI NO OWARI」の「サザンカ」に決まったと発表した。

 同局によると、バラードだが「力強く、かつ選手を包み込むように壮大に歌い上げている」。セカオワは「夢を追いかける人、その側で見守り続ける人たちの物語を歌にできたらと思い、今回の楽曲を制作させていただきました。オリンピック・パラリンピックに挑戦する選手たちや応援している方々に、この曲がそっと寄り添うことができたら光栄です」とコメントした。

 セカオワは「幅広い世代に支持され、アスリートや応援する私たちの心に届く澄んだ歌声と、広がりのある世界感を持った曲作りに定評のあるアーティストである」と起用された。

 2000年以降のNHKオリンピック放送テーマソングは、16年リオデジャネイロ五輪=安室奈美恵(40)「Hero」、14年ソチ五輪=コブクロ「今、咲き誇る花たちよ」、12年ロンドン五輪=いきものがかり「風が吹いている」、10年バンクーバー五輪=L’Arc〜en〜Ciel「BLESS」、08年北京五輪=Mr.Children「GIFT」、06年トリノ五輪=平原綾香「誓い」、04年アテネ五輪=ゆず「栄光の架橋」、02年ソルトレークシティー五輪=MISIA「果てしなく続くストーリー」、00年シドニー五輪=ZARD「Get U’re Dream」。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年1月5日のニュース