歌丸 元日の寄席休む、着替え中に息苦しく 11日復帰目指す

[ 2018年1月3日 05:30 ]

桂歌丸
Photo By 共同

 落語家の桂歌丸(81)が東京・新宿末広亭で元日に出演予定だった「正月初席」を休演していたことが2日、分かった。自宅で着替えている最中に息苦しくなり、高座に上がることを取りやめたという。関係者は「深刻な症状ではなく現在は自宅で療養している」と話している。

 3日と7日の新宿末広亭、5日の東京・国立演芸場での寄席は休演を決めた。関係者によると、11日に東京・浅草演芸ホールで行われる寄席で復帰を目指すという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年1月3日のニュース