三遊亭とむ、エイベックス所属に 目標は音楽祭での一席

[ 2017年11月10日 09:07 ]

エイベックス・マネジメント入りした三遊亭とむ。10月31日に第1子の佐維文(さいもん)くんが誕生
Photo By 提供写真

 落語家の三遊亭とむ(33)が、先月付で大手芸能事務所「エイベックス・マネジメント」に所属した。同社初の落語家となる。

 仕事の幅を広げることが目的で、落語CD発売や野外音楽祭「a―nation」で一席を持つことを目標としている。同社所属のピコ太郎(自称54)を例に挙げ「落語も日本だけでなく世界に挑戦できるようなチャンスを頂ける事務所」と目を輝かせた。

 10月31日には第1子の男児が誕生。「佐維文(さいもん)」と命名した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年11月10日のニュース