前日空中カメラ落下 観客3人軽傷…この日は使用せず

[ 2017年11月9日 05:30 ]

乃木坂46東京ドーム公演

 7日のライブで、ワイヤでつるされたカメラ1台が高さ約6メートルから観客席に落下、観賞中の10代男性3人に当たり打撲などの軽傷を負ったことが8日、警視庁富坂署への取材で分かった。同署が業務上過失傷害の疑いもあるとみて状況を調べている。同署によると、カメラは長さ約1・5メートル、重さ約40キロ。4本のワイヤでつるされていたが、うち1本が切れた。ライブは午後6時ごろに始まり、カメラは同8時ごろに落下。公演は中断せず、その後も続けられた。

 所属事務所によると、落下したのは、会場内のビジョンに映し出すための空中カメラ。飛び散った破片が、椅子から立って見ていた男性3人に当たったという。運営側はドーム内で男性たちの応急手当てをした。8日の公演は空中カメラを使わなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年11月9日のニュース