森川葵 高校時代はギャル告白「カラコンにルーズソックスで…」

[ 2017年10月7日 15:38 ]

目黒学院高校の文化祭にサプライズで登場した森川葵、北村匠海
Photo By スポニチ

 映画「恋と嘘」(監督古澤健、14日公開)に出演の森川葵(22)、北村匠海(19)、佐藤寛太(21)が7日、東京・目黒学院高校の文化祭にサプライズで登場した。

 生徒たちの大歓声に迎えられた3人は、それぞれの高校時代について聞かれ、森川は「ギャルっぽい子が多かったので、そこになじみたくてカラコンにメーク、ルーズソックスで行っていた」と告白。北村が、「ちょっとイヤなんだけれど」と渋面をつくると、「そのぶん、今は落ち着いているのかも。でも、ルーズソックスはいまだにちょっとはきたい」とあっけらかんと答えた。

 その北村は、「中高6年間、特に問題ないと言われて過ごした。ギャルもいなかったし、平凡ですよ」と苦笑い。佐藤は「ずっと野球部だったので、卒業写真もど真ん中で五厘(の頭)で写っている」と明かした。

 映画は同名人気コミックの実写化で、16歳の誕生日に政府通知で将来の結婚相手を知らされる世界で、女子高生がその相手と幼なじみとの間で揺れ動く姿を描く。森川は、結婚相手の決め手について、「おいしいものを食べに行くのが好きなので、一緒に行って楽しくて、おいしいを分かち合える人」と話し、女子高生から「かわいい〜」の声援を浴びていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月7日のニュース