“最後の”染五郎、恒例船乗り込み 「七月大歌舞伎」3日開幕

[ 2017年6月30日 05:30 ]

恒例の「船乗り込み」で劇場入りし沿道の声援に応える片岡仁左衛門ら
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優・片岡仁左衛門(73)市川染五郎(44)らが29日、来月3日に大阪松竹座で開幕する「七月大歌舞伎」を前に、恒例の「船乗り込み」を行った。

 天満橋から土佐堀川、道頓堀川などを通り戎橋まで約3・9キロを船で巡り、沿道からは「松嶋屋!」「高麗屋!」などと声援が飛んだ。

 来年1月に十代目松本幸四郎を襲名する染五郎は、今回が染五郎として最後の大阪公演。「昼夜共に初役で務めさせていただきます」と気合を込めた。公演は27日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月30日のニュース