海老蔵 麻央さんいない喪失感「涙で台本が見られない、覚えられない」

[ 2017年6月25日 07:54 ]

歌舞伎俳優の市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が25日、自身のブログを更新。「涙で台本が見られない」と、妻・麻央さん(享年34)を失った喪失感をつづった。

 愛妻との悲しい別れから3日。「皆様の温かい温かい言葉に勇気づけられます。本当にありがとうございます」と、書き込み殺到で一時受付停止のブログコメント欄が再開され、多くの励ましが届いたことに感謝した海老蔵。この日朝は、眠っている麻央さんのそばに寄り添い、その後、台本読みを始めたものの「しかし、こんなにも台本が頭に入らないのは初めてで、焦りを超えて愕(がく)然としています」と告白した。

 麻央さんとは「たくさんお話出来ているような気分なんですよ、不思議と」というが、思い出を振り返ることで「やはり耐えられないかなしさが…耐えられないかなしさが」。さらに「涙で台本みれないし、見えたところで覚えられないし。もう笑うしかないんです」とつらい心境を記した。

 最後は「多分まおも大変だね、ゴメンねと言いつつ、真剣なわたしを観て可愛いとクスクスしていると思います あはは」。麻央さんへの思いをつづりつつも、やるせなさをにじませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月25日のニュース