×

「チューリップ」メンバー「本人が一番悔しい」 財津和夫、大腸がん公表でコメント

[ 2017年6月2日 14:27 ]

財津和夫
Photo By スポニチ

 音楽グループ「チューリップ」のリーダーで歌手の財津和夫(69)が2日、大腸がんを患っていることを公表した。6、7月に予定されていたチューリップ45周年ツアーの4公演を中止し、当面は治療に専念する。

 財津の大腸がんを受け、メンバーもコメントを発表。ボーカル、ギターを務める姫野達也(65)は「45周年ライブを完走できない事、責任を感じているだろうし、本人が一番悔しい思いでいることでしょう」と財津の心情を慮った。

 ドラムの上田雅利(66)は「財津さんが元気復活を果たし、皆さんとの再会を果たせるよう、 日々を大切に重ねる所存です」と決意。ベースの宮城伸一郎(61)は「一日も早く財津さんが元気を取り戻し、TULIPとして共にステージに立てるよう祈っています」とエールを送った。

 財津は5月下旬、腸閉塞の治療のため入院中に受けた精密検査の結果、大腸がん(下行結腸がん)が発見された。

 公式サイトではチューリップ45周年ツアーの名古屋公演(6月25日)、大阪公演(6月28日)、東京公演(7月7日)、福岡公演(7月22日)の4公演が中止されることが発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2017年6月2日のニュース