三山ひろしJK記者に「メッタ斬りにされた」 原宿で公開収録

[ 2017年5月9日 05:52 ]

「JK記者」の瑞慶山日向(左)と三山ひろし。若者になりきって写真撮影
Photo By スポニチ

 演歌歌手三山ひろし(36)が8日、東京・原宿で配信番組「JK記者 演歌を斬る!」の公開収録を行った。

 初めて原宿に来た三山は、司会を務める「JK記者」の瑞慶山(ずけやま)日向(19)の「あげぽよ」「バズる」など若者言葉の意味が分からずタジタジ。ボケてもスルーされ、「いつボケてるのか分からない」と言われる始末。番組名通り「メッタ斬りにされました」と苦笑いした。

 それでも最後は新曲「男の流儀」を歌い、「癒やされますね」と瑞慶山を感動させた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年5月9日のニュース