×

元フィギュア女王、勝つために顔のほくろ取る 大好きなプリンも…

[ 2017年5月8日 23:12 ]

選手時代(右)と現在の村主章枝
Photo By スポニチ

 元フィギュアスケート選手で振付師の村主章枝さん(36)が8日放送のフジテレビ系「もしかしてズレてる?」(後10・15)に出演。現役時代に勝負に勝つために行っていたことについて語った。

 番組では村主さんが現役時代から指導を受けていたバレエの先生が、彼女が勝負に勝つために顔のほくろを除去したことや、そしてスランプが続いた時に1日も欠かさないほど大好きだったプリンを断ったことなどを証言し、村主さん本人も全て事実だと認めた。

 村主さん曰く、顔のほくろを取ったのは取ると運気が変わると聞いたから。またほくろを取ることで顔の中心のバランスも整ったという。また、プリンは現役引退まで9年間断っていたということで、引退会見の時に解禁した映像も流れた。

 村主さんは更にスタジオでスケート靴のこだわりについても説明。0・1ミリの高さの変化でもジャンプのタイミングに差が出てしまうということで、中敷きに細心の注意を払っていることを話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2017年5月8日のニュース