小林麻央 “闘病仲間”の訃報に「小枝がポキって折れるような気持ち」

[ 2017年3月18日 12:38 ]

フリーアナウンサーの小林麻央
Photo By スポニチ

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が18日、自身のブログを更新。胆のうがんで闘病中だった俳優の渡瀬恒彦さんの訃報を受けてか、「小枝がポキって折れるような気持ちになります」とづづった。

 麻央は14日以来4日ぶりにブログを更新。「闘病されていた方の訃報にふれると自分のなかのどこかの小枝がポキって折れるような気持ちになります。面識がなくても、遠い遠い方でも、どこかで 不思議に 仲間意識というか、あるのだと思います」と心境を打ち明けた。

 また「だから私も 癌を公表しているものとして少しでも長く生きていきたいです」と思いを吐露。「そんなことをふと思いました」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年3月18日のニュース