愛沢えみり キャバ嬢の時から「180度すべてが変わりました」

[ 2017年3月18日 18:14 ]

著書発売記念イベントに登場した愛沢えみり
Photo By スポニチ

 ギャル系ファッション雑誌「小悪魔ageha」専属モデルの愛沢えみり(28)が18日、都内で自著「昼職未経験のキャバ嬢から月商2億の社長に育つまで」(ダナリーデラックス/主婦の友社刊)の発売記念イベントを行った。

 歌舞伎町ナンバー1キャバクラ嬢の愛沢が自身のアパレルブランド「EmiriaWiz(エミリアウィズ)」を展開する女性社長に登りつめたサクセスストーリーを記した異色のビジネス書。愛沢は「3冊目(の同書)はキャバ嬢ではなく昼の社長としての話がメインなので、成長した姿が本になってすごくうれしいです」と喜んだ。

 キャバ嬢の時と月商2億の今は何か変わりましたか?と聞かれると「180度すべてが変わりました」と吐露。「キャバクラの時とは、お金の使い方がいい風に変わりました。キャバ嬢の時は、全部自分のために使っていましたが、今は会社のことに使うようになった」。また、「人に対しても変わりました。昔は『自分が一番!』だったが、会社をやってからは社員のことを考えたり、自分は一歩引いて考えられるようになりました」と語った。

 今後の社長としての目標を聞かれると「ファッションや美容、カフェなど女の子がかわいくなれるすべてのことを作り出していけたら」と意気込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年3月18日のニュース